クラシックバレエ撮影、舞台ビデオ撮影など低予算で高品質なビデオ撮影

バレエ撮影やビデオ撮影はNビデオ企画へ

ジャズダンス、クラシックバレエ、フラダンス、ヒップホップ、ストリートダンス、フラメンコなど、Nビデオ企画はあらゆる舞台撮影を続けてきました。カメラを複数台を使い舞台撮影を行い、舞台撮影映像の切り替えや合成された、舞台撮影の編集仕上げができます。CDや生演奏の音を直接ケーブルを引いて収録し、その他に会場音(拍手、手拍子など)も収録します。編集時には二つの音を調整し、音楽はクリアで、それに拍手・手拍子などを加え、より臨場感のあふれる舞台撮影映像を作ります。

バレエ撮影やバレエコンサートの特徴でもある、舞台上に一度にたくさんの人数が出演される舞台撮影の場合には、1台のカメラですべてをカバーすることは困難です。弊社では、高画質カメラ2台以上の複数台による舞台撮影を標準とし、出演者一人一人の瞬間の輝きを逃さず、舞台を撮影いたします。複数台カメラで撮影された舞台全体の映像や、出演者をクローズアップしたアップ映像をバランスよく切り替え、臨場感のある舞台撮影映像に編集し違和感のない見やすい舞台撮影作品に仕上げます。

今までの練習の成果を発表する発表会。弊社ではそんな発表会をはじめ、音楽会やバレエ、ダンスイベント、コンサートなど様々な舞台ビデオ撮影を行っております。その一瞬の最高の輝きを舞台撮影映像に残してみませんか。プロ撮影なので綺麗で見やすく、いつまでも思い出に残る舞台撮影作品に仕上がります。

たくさんの演技者が一度に舞台に上がるバレエの発表会でも複数台のカメラを駆使することで一人一人バッチリ舞台撮影映像に残します。ヨリとヒキを組み合わせたバランスの良い舞台撮影映像に仕上げます。舞台全体を映したヒキだけの映像は単調なもの。弊社では撮影時や編集時にヨリ(アップ)とヒキをうまく組み合わせバランスの良いリズム感のある臨場感のある舞台撮影映像に仕上げます。

クラシックバレエ撮影など発表会・公演のビデオ撮影、舞台撮影ならばNビデオ企画にお任せ下さい。舞台撮影のプロがビデオ撮影からDVD制作まで、ご満足いただける作品をお作りいたします。

バレエ撮影前に必ず下見と打合せを行わせて頂いています。より良いバレエ撮影を行う為に、撮影ポジションの確認、電源・音声の確認などを下見します。その際にご不明な点や、ご希望内容など直接お伺いいたします。クラシックバレエ撮影本番前の楽屋の様子やリハーサル風景、本番終了後の舞台裏やロビーでの様子をビデオ撮影致します。バレエ撮影の音を直接ケーブルを引いてクリアな音声を収録し、その他に会場音(拍手、手拍子など)も収録します。バレエ撮影編集時には二つの音を調整・組み合わせをして、より臨場感のあふれる映像を作ります。

バレエ撮影発表会タイトル挿入や、演目前に演題を挿入なども行います。バレエ撮影の映像から抜粋した静止画をDVDパッケージに使用します。画像を沢山入れたい、パンフレットのイメージに合わせたい等のご希望も承っておりますのでご相談下さい。バレエ撮影全体を映したり、顔が分かるようにアップにしたりなど、カメラ1台でも動きのあるビデオ撮影をいたします。クラシックバレエの映像をカメラ2台を使ってアップと全景、同時にビデオ撮影!1カメと2カメの2つの映像を合成し、迫力のあるバレエ撮影に

バレエ撮影の映像をカメラ2台を使ってアップと全景、同時にビデオ撮影。3台目のカメラは、別アングルから撮影。照明など、舞台の全体を見る事が出来ます。1カメと2カメ、1カメと3カメの2つの映像を合成し、迫力のある仕上がりに数台のカメラを使って色んなアングルから同時にバレエ撮影。クラシックバレエ映像を、色んなアングルからバレエ撮影し、まるでプロモーションビデオのような仕上がりに仕上がった映像をご確認頂いた後の修正に関しましては、別途料金をお願いしております。

バレエ撮影は全身を撮すのを基本としておりますがアップ有りの躍動感のある映像作りのご希望の場合はカメラ5台でビデオ撮影。カメラは1台から5台までご希望にあわせて使用しています。2台以上の場合は、合成画面を作れます。カメラ2台でバレエ撮影。始めてご注文頂いてから、ずいぶん長い間撮影させて頂いております。出演者の写真やリハーサル映像、クラシックバレエの本番映像などを使い、曲に合わせて、オリジナルのオープニングを作成致します。音楽入りエンディング(キャスト紹介 スタッフ紹介 当日の情景)出演者の写真やリハーサル映像、バレエ撮影の本番映像などを使い、曲に合わせて、オリジナルのバレエ撮影を致します。

そしてセミナービデオ撮影も行なっています。

Nビデオ企画のブログの過去ログはこちらになります。N BLOG PROJECT

Nビデオ企画 舞台ビデオ撮影サイト → http://ballet.n-video.jp/

バレエ撮影、ダンス、舞台撮影など、ビデオ撮影はNビデオ企画。
クラシックバレエ撮影、演劇舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。
バレエ、ダンスなど舞台ビデオ撮影から、企業PR、セミナービデオ制作まで

【所在地】
〒214-0036
川崎市多摩区南生田1-22-14-101
TEL:044-577-3407
FAX:044-571-1446
E- mail:info★n-video.jp
(★を@に変えて下さい。)
http://www.n-video.jp/

神奈川、横浜、川崎、東京、
首都圏全域を中心に映像制作
(ビデオ撮影・編集)事業
を展開しております。

【お電話でのお問合せについて】
弊社へのお電話はご依頼や業務内容お問合せのご用件に限らせて頂いております。
弊社の業務に直接関係のないご用件のお電話の応対はできません。

バレエ撮影、舞台ビデオ撮影など高品質なビデオ撮影。バレエ撮影やビデオ撮影はNビデオ企画へ

最近のデジタルビデオカメラの進歩により、ハイアマチュアのビデオカメラマンさんが多数おられますが、バレエ撮影は演目による撮影タイミングや、全体をもれなく撮影する技術がひつようであり、舞台撮影の経験は必須です。バレエ撮影のキャリアがあり、10数人の初回発表会から大人数の出演者での公演、など多数の撮影実績があります。発表会には費用が掛かります。特に少人数での発表会では、主催者の先生の負担も大変で、ご父兄へバレエ撮影をお願いした場合、その撮影の品質などトラブルの元になります。どうしてもバレエ撮影の単価は高くなりがちですが、バレエ撮影はその撮影時間と技術料が違います。おかげさまで、殆どの主催者様から次年度のバレエ撮影のご依頼を頂いております。是非、ご検討頂きご連絡をお待ちしています。

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。
↑お問い合わせフォーム↑


スタッフブログ

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

Nビデオ企画のスタッフブログ
【最新ブログ記事】


バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

Nビデオ企画Facebook
舞台撮影のことを共有しましょう


バレエ教室の発表会のバレエ撮影を頼まれたら、

バレエ教室を開き、初めての教室の発表回をやることに。教室が始まってまだ2年ほどしか経ってない、「本番のバレエ撮影」と頼まれそれから打ち合わせ。業者さんのカメラマンが入って撮影して生徒さんに販売するというのが一般的。

バレエ撮影を撮らなきゃならない、あくまでクライアントさんの予算の都合。バレエ撮影カメラマンを雇えない場合でわりと気軽に撮ってたんですね。だけど生徒さんに本番のバレエ撮影写真を気軽には撮れない。何度もあるバレエ撮影仕事、生徒さんにとっては生に一度のバレエ撮影かもしれない。バレエ撮影を踊ってるとも思った。最低限「いいね」と思ってもらえるバレエ撮影。なぜならバレエ撮影というのは舞台かぶりつきで撮影できることなんて後ろの方の席だったり、あるいは最後列の通路からのバレエ撮影。フルサイズ機でもバレエ撮影には問題ない。個人的にはミラーレス一眼よりは普通の大きい一眼にした方が良いと思います。モニタを見ながら被写体を追ってバレエ撮影、片眼でファインダーを覗いてバレエ撮影時折もう一方の片眼で舞台全体の把握。意外とバレエ撮影本番の舞台というのは暗い上出演者は激しく動きシャッター速度を稼ぐためにもISO3200以上あった

本番バレエ撮影が行われる会場の舞台の広さとバレエ撮影ポイントからの距離によって使うレンズの焦点距離を事前に会場で確認できれば。できるだけシャッター速度を稼ぐためにF値の少ない明るいレンズがあった方が望ましいと思います。解放F2.8があれば安心ですが、バレエ撮影予算の都合もある。これくらいのモデルだとバレエ撮影。

主催者と打ち合わせをしてバレエ撮影の許可

基本的に本番は許可のないバレエ撮影は禁止。無許可でバレエ撮影しようとすると追い出されたりデータを消される、必ず事前に先生と相談してバレエ撮影の許可を得る。そしてバレエ撮影可能な場所と時間。教室からオフィシャルに頼まれたバレエ撮影、バレエ撮影の納品手段や納期などの打ち合わせ。バレエ撮影の許可が下りたら、バレエ撮影舞台の進行や流れ。可能なら通し稽古などもバレエ撮影する。本番の晴れやかな姿もレッスン中ね。バレエ撮影本番前にしっかり機材になれておく。いざという時に使い方がわからなかったらバレエ撮影を逃してしまいます。バレエ撮影の基礎知識を頭に入れ、バレエ撮影をたくさんして。さあバレエ撮影本番。

手持ちでバレエ撮影か三脚か

バレエ撮影ポイントだったり主催者の方針だったりフラッシュは絶対に禁止。見せ場でフラッシュをたくとバレエ撮影の照明効果が半減。バレエ撮影が台無し。バレエ撮影照明の状態にもよりますが、明暗差が非常に激しいのでなかなか露出の設定。シーンなどは被写体ブレで気をつけながらバレエ撮影ということに。シャッター速度は最低でも1/125、できるだけ1/250以上、露出はスポット測光で出演者の顔や衣装が白とびを起こさないように気をつけながらバレエ撮影となります。一番良いのは全てマニュアルでバレエ撮影。ISOはオート(あるいは3200固定)を基本にして、あとは舞台構成や見せ場に合わせて設定を変えながらバレエ撮影。

バレエ撮影舞台で起こっていることをすべてフレームに入れる細かいことは家に帰ってからRAW現像の段階でどうにか個人的には連写モードは使わず。失敗が少ないんじゃないかと思いますが。バレエ撮影シーンなどは連写モードをカードへの書き込み待ち。シャッターチャンスを逃すなんて事になり、バレエ撮影の進行に合わせて計画的に。これでバレエ撮影はある程度できた。出演者や先生方オフショットバレエ撮影しておくと。

バレエ撮影本番前に最後のストレッチ。生徒達が頑張ってる姿をバレエ撮影し、本番前のゲネプロの舞台袖で張り詰めているバレエ撮影。本番が終わって安心した顔で楽屋に帰るバレエ撮影。素晴らしいシャッターチャンスがバレエ撮影で、それを逃さずバレエ撮影カメラマンの撮影を。

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

ネットやパソコンのよもやま話。webmasterのブログ

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

目玉印のTV局で長年撮影してきたカメラマンの●※▲★な日々

バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

プロビデオカメラマンが惜しげもなくビデオ撮影の基本、ノウハウを教えちゃいます。


バレエ、舞台、ダンス発表会ビデオ撮影など、低予算で高品質なビデオ撮影はNビデオ企画。

Nビデオ企画は高齢者健康運動を応援しています。

みんなのビデオ撮影 屋外でのビデオ撮影

▼その1 太陽光の色とホワイトバランス(1)

当然のことながら、屋外では太陽光がほぼ100%の照明状態です。
そして太陽光はその時のお天気や時間帯によって、太陽光の光の色が変化します。
おおまかに分ければ、1日の内、(1)朝(日の出時)、(2)日中、(3)夕方と、
大きく分けて3つの光の色の変化があります。
また、晴天時、曇天日、薄曇りの日などのお天気の状態によっても大きく色の変化があります。
家庭用ビデオカメラの多くは「オートホワイトバランス」で撮影することが多いと思われますので、
大きな色表現の間違いを起こすことはないでしょう。ただ次のような場合は注意が必要です。

▼その2 太陽光の色とホワイトバランス(2)

晴天の日中、日の当たっている場所と木陰などの日影では光の色が大きく異なります。
日なたから日影に撮影ポイントを移すと色が青っぽくなり、「オートホワイトバランス」ですと、
一旦、青っぽい色になり、多少時間が経つとオートホワイトバランスの機能が働き、ジワッと正常な色になる、
というちょっと不自然な色表現になります。
そういう場合は「日なたでの場面」と「日影での場面」を分けて撮影するようにした方がよいでしょう。
また最初からホワイトバランスをマニュアルで「太陽光」にセットしておくか、
日なたでホワイトバランスを取っておいて撮影すれば、
日影の場面は青白くなりますが、「日影」という印象があるので、
見ている人にはそれほど違和感を感じさせない映像表現になります。
ただ、日影だけで人物などを撮影するのであれば、日影でホワイトバランスをとったほうが良いでしょう。

▼その3 太陽光の色とホワイトバランス(3)

日影でホワイトバランスをとった場合には、
その状態で日なたを撮影するとちょっと異常な色表現になるので注意しましょう。
日影の「青白い」状態を白としてビデオカメラに認識させると、
日なたは相対的にオレンジ色寄りの色表現になってしまうので、
人の顔色などが黄色っぽい、または赤っぽい色になってしまい、
ちょっと病気の人のような顔色になってしまいます。
ですから日影だけで撮影する時以外では、日影でホワイトバランスをとるのは避けた方がよいでしょう。

▼その4 太陽光の色とホワイトバランス(4)

屋外で撮影していて、そのまま室内へ移動すると、大きく光の色が違いますので、
「その2」の日なたから日影の時の解説のように
「オートホワイトバランス」を使用していると途中から色が変化する映像になります。
最近ではTV番組の撮影でも、そういう映像をよく見かけるようになりましたが、
落ち着いて撮影するのであれば、屋外の場面と室内の場面をきちんと分けて撮る方が
より望ましい映像表現になるでしょう。

▼その5 太陽光の色とホワイトバランス(5)

真っ赤な夕景や夕日を撮影する場合には、「オートホワイトバランス」は避けた方がよいでしょう。
赤みがかった光の色を白として認識していまうと、夕景の赤味が弱くなり、味気ない色表現になってしまいます。
赤い夕景を撮影するにはホワイトバランスをマニュアルにして、「太陽光」を選ぶか、
夕日と反対側の青っぽい空にレンズを向けてホワイトバランスをとると
赤味が強調されて、美しい夕景が撮影できます。

▼その6

晴天の屋外で撮影するときには太陽の位置に注意が必要です。
特に午前や午後などは太陽の位置が傾いているため、被写体の位置関係によっては「逆光」状態になり、
顔が真っ黒になってしまったり、風景も味気ない描写になってしまうことがあります。
できるだけ太陽を背にして撮影する方がきれいな映像になります。
ただし、日が傾いている時などは、カメラマン自身の「影」が被写体に出てしまうので注意が必要です。

▼その7 音声収録の注意(1)

屋外で音声を収録する時の注意点です。
屋外では風が吹いていることが多いので、ビデオカメラのマイクが風に吹かれて、
「ボボボボー」という、風によるマイクの振動音が発生してしまいます。
そんな時は外部マイクであれば付属の「風防」を取り付けるか、ハンカチなどの布を巻きつけると、
そうしたノイズ音をある程度防ぐことができます。
ただ、「低音」がカットされるので人の話し声などはちょっと不自然な音声になることがあります。

▼その8 音声収録の注意(2)

屋外では人が意識している以上に「騒音」が多いものです。
きれいな鳥の鳴き声を収録しようとして、ビデオカメラで撮影して、
後で再生してみると、周囲の喧騒や遠くの車の騒音などが入っていることがあります。
音声収録が必要な時は、できるだけ騒音の少ない場所、時間帯を選んで行う方がよいでしょう。

▼その9 雨の日の撮影(1)

雨の日の撮影はプロでもなかなか苦労するものです。
ビデオカメラは当然防水ではありませんので、水に濡らしてしまうとちょっとした隙間から水が浸透して、
内部のメカや電極部品に悪影響を及ぼしかねません。
雨の日にはビデオカメラに専用のレインコートを装着するか、
ビニール袋などをかぶせてレンズ部分だけを開けて、ガムテープなどで止めると良いでしょう。

▼その10 雨の日の撮影(2)

雨の日にビデオカメラにレインコートなどの防水対策を施したとしても、今度は液晶パネルが見づらくなったり、
レンズに水滴が付いたり、操作性が悪くなったりで、あまり良い撮影はできません。
またレインコートやかぶせたビニールの雑音をマイクが拾ってしまうので、音声収録には向きません。
雨の日のビデオ撮影はできるだけ避けるか、最低限のものに留めることをお勧めします。

▼その11

雨天とは逆に乾燥している時の屋外では、意外と「ホコリ」が多いものです。
微小の「ホコリ」はビデオカメラには良くありません。特に「土ぼこり」「砂ぼこり」は大敵です。
ビデオカメラの小さな隙間からそうしたホコリが侵入して内部に悪影響を及ぼすこともあります。
またレンズの前面に土や砂が付着することもあります。「ホコリ」の多い場所、乾燥の季節などは要注意です。

▼その12

ビデオカメラは極端な低温と高温の状態に置くのは危険です。
?10℃以下の冬山とか、真夏の太陽が照りつける場所などで撮影するときは注意が必要です。
寒い場所では、ビデオカメラを「人肌」に暖めて、防寒ジャケットをかぶせて低温になるのを防ぎましょう。
暑い晴天下では日よけ傘を使うか、白いハンカチなどで日差しを防ぐようにしましょう。

▼その13

海岸など海に近い場所では、海からの風に注意です。
海風には海水が空気に混じっていることが多いので、
長い時間いると顔や体がベトベトになってしまうことがあります。
ビデオカメラにも同様の影響があり、カメラ本体のみならずレンズにも潮風の持ってくる海水の水滴が付着して、
レンズがだんだん曇ってきてしまいます。
また砂が混じっていることもあり、機械には良いことではありませんので、
海岸近くでの撮影時にはレインコートやビニールをかぶせて、撮影後にはよく拭いておくことをお勧めします。

「みんなのビデオ撮影」一覧へもどる「みんなのビデオ撮影」一覧へもどる

自分のカメラでバレエ撮影して実際の色と全然違う。

バレエ撮影を自分のカメラでする、こういった状況は良くありますがビデオカメラを使っても、撮影すると「なんだか実際の色と違う」「照明があまりきれいに撮れていない」「オートフォーカスしたらピンボケの映像ばかりになった」そしてそれらの「何故」は解決されないことが多く、大切なバレエ発表の舞台を映像記録として残しておけません。プロのカメラマンの確かなテクニックと知識で解決。「舞台の輝きをよりリアルに、より美しく映像として残す。バレエ頑張る人の輝く姿、その瞬間やバレエの空気感を残したい!バレエ舞台が最も輝く時、最高の瞬間をしっかりとバレエ撮影記録することで、バレエ演者やバレエのお客様に喜んでいただきたい。そしてバレエや舞台を通してたくさんの方々と関わりを持ちよい関係を築く。基本となる技術研鑽に励み、たしかなバレエ撮影、バレエ映像制作を。

輝きを逃さないプロのバレエ撮影テクニック。

カメラのおまかせ機能を使って撮影をすると、実際に我々の見ているイメージと違う色味やホワイトバランスになってしまうことがあります。しっかりとしたリアルなバレエ撮影映像にするためにはバレエ撮影テクニックが必要。プロの機材を使いプロのテクニック(基本)で色味を調整、リアルなバレエ撮影を。何故か照明があまりきれいに撮れていない。舞台は光量が多い野外と違い、薄暗い空間での撮影がほとんどです、そのためホワイトバランスやカメラ本体の設定を細かく調整しなければキレイにバレエ撮影はできません。「オートフォーカスしたら何故かピンボケの映像ばかりになった舞台でよくある暗転明けピンボケもマニュアルフォーカスでしっかり合わせれば起こりえない現象です。プロのカメラマンの確かなテクニックと知識で解決できなかったバレエ撮影。バレエの輝きをよりリアルに、より美しくバレエ撮影映像として残す。バレエ撮影DVDやバレエ撮影ブルーレイのマスター制作から、バレエ撮影DVDプレスやバレエ撮影Blu-rayプレスのアッセンブルまでトータルサポート。バレエ撮影はお任せください。創設以来、様々なバレエ団体の方々にご協力を賜り、バレエ撮影ノウハウやバレエ撮影技術を蓄積して参りました。お客様のバレエ撮影のご要望やご予算に応じて、最適のバレエ撮影プランを。

初めて映像のバレエ撮影を業者に頼んでみた

どんな人がバレエ撮影に来るのか、どんなことを聞かれたりするのか。バレエ撮影に業者を入れるとなれば不安。「自分の望んだ映像」がちゃんとバレエ撮影だろうか、初めてバレエ撮影や映像制作を安心して。専任のバレエ撮影担当者がサポート。バレエ撮影の依頼を受けた時点で、バレエ撮影担当は依頼されたバレエ撮影案件のバレエ撮影ディレクターとして責任をもって納品まで。途中でバレエ撮影担当ディレクターが変わることなく作品のスタートからゴールまでご依頼されたお客様と共に。バレエ撮影料金は必要最小限の工数と、すべてを自社で完結する(撮影から編集納品まで)システムで安心。最初のバレエ撮影見積もり以上の金額はお客様の希望にそった形でしか頂きません。バレエ撮影工賃や技術料が明確。

白石アートステージ|舞台演劇、演技指導、演技レッスンを実践的に行う富良野塾(倉本聰塾長)出身・白石雄大主宰の演技指導スクール

長野県松本市のバレエ教室、マキコバレエスタジオの公式ホームページです。

埼玉県吉川市 ダンス、ボーカル、ミュージカルレッスン スタジオアビー

埼玉県八潮市 ダンス、ミュージカルレッスン OKKY DANCE STUDIO( http://www.okky-ds.com/ )

Nビデオ企画では、東京、横浜、川崎を中心に、経験豊富なプロスタッフと信頼性の高い業務用機材で、ワンランク上のセミナー撮影サービスを提供致します。

舞台撮影、舞台ビデオ撮影のNビデオ企画 > みんなのビデオ撮影 屋外でのビデオ撮影